早く会社の雰囲気に慣れる。

会社の好意に甘えずまずは仕事をしましょう

ほとんどの会社では新人が早く会社に慣れる様にと、気を使ってくれる事が多いです。具体的には新人歓迎会や飲みの誘い等ですが、ここで間違えてはいけないのが会社の雰囲気に慣れるのであって会社の人となあなあの関係になるのではないのです。
特に新人の場合仕事の内容や仕事の進行手順含めての会社の雰囲気に慣れる事を求められている事がほとんどなので、まずは基本的な挨拶をしっかりする事と仕事を早く覚えるという姿勢を見せる事が大切です。特に仕事に関しては周りの人が新人の姿勢をじっと観察している事が多いので、ここでメモをとりながら真摯に仕事に向き合えば周りの評価はぐっと上がるハズです。そうすればおのずと会社の雰囲気に慣れるので、急ぐ必要はないです。

会社の裏情報を知って初めて会社の雰囲気に慣れたと言えるのです

仕事が一通りこなせる様になって会社の雰囲気にも慣れた頃、よりなじむ為には飲みの席に積極的に顔を出すと良いです。この頃仕事面で評価してくれる人がいたのであれば、きっと会社のプチ情報を教えてくれるからです。
一般的に会社内で仕事の愚痴を言う人はいませんが、飲みの席ではそうした話がポロっとでる物です。仕事の愚痴であればその会社で仕事をしていく以上いずれ自分が遭遇するかもしれない悩みなので、そうした経緯、対応を聞いておくと良いです。また人間関係をあらかじめ知っておく事で、派閥があった場合でも暗黙のタブーを踏む事は避けられます。
こうして表にでないプチ情報を入手して初めて会社の雰囲気になれたと言えるのです。その為この時期の飲みは面倒でも行った方が自分の為です。