社員研修は就労への第一歩!

社員研修で社会人としてのスタートラインに立とう!

入社してまず初めに受けることになる社員研修は、会社のルールや業務のやり方を学ぶだけでなく、社会人にとって必要なマナーやビジネスノウハウを学ぶことができる貴重な期間です。つまり、これからのキャリアを形成する基礎を築く土台になるため、真剣に取り組むことが重要です。社員研修で学んだ作法や精神が将来のキャリアアップにつながり、また人生の教訓になることもあります。自分の気持ちを引き締め成長することで、自分にも自身が湧いてきますよ。
会社によって社員教育の内容は様々ですが、貪欲に吸収して、受け身ではなく能動的に発言や参加姿勢を取って下さい。そうすれば、社会人のスタートラインである社員研修を全力で行い、今後の業務やキャリアにもその勢いでつなげていく事ができます。

社員研修は自分を磨く大チャンス!

社員研修は自分一人だけで受けるものはなく、同じ志をもった他の社員と一緒に受ける点がポイントです。複数名、または大勢で研修を行う事で、社員全員が一帯となり仲間意識が芽生えます。その結果、自分自身が会社の名前を背負う社員の一人なんだという自覚も湧くことで士気を高める事ができるのです。
また、キャリアアップを目指す競争は、すでにこの時から始まっており、実際に配属してからのアグレッシブな姿勢で取り組むための良い練習になります。従って、他の社員に負けないように、グループワークなどでは積極的にリーダーを担当し、より多くの発言や提案をするよう取り組むと良いです。それを習慣づけることで、仕事に対する前向きなスタンスを形成する事ができます。